iPhoneに最適なVPN

今回はiPhoneに最適なVPNとは何か、どのような点に注目してVPNを選べばいいのかという2点について、初心者の方にも分かりやすく解説していきます!

その前に、そもそもVPNってなに?という方向けに簡単にVPNについて解説します。

VPNとは、Virtual Private Networkの略で、インターネット接続を行う際にプライベートな仮想トンネルを構築し、安全なインターネット利用を実現する技術のことを指します。簡単にいうと、使用するデバイス等を悪質なウイルスから守り、安全なインターネット接続を確立してくれます。

それでは、なぜiPhoneにVPNを入れる必要があるのか・どのVPNがiPhoneに最適なのかを次項から詳しく見ていきましょう。

目次

なぜiPhoneにVPNを入れる必要があるの?

近頃はリモートワークも増え、インターネットにアクセスする時間が格段に増えました。そこで心配になってくるのがインターネットを介した情報の漏洩です。

iPhoneを使用している方も手軽にVPNを導入することができることをご存知でしたか?スマホにVPNを入れる必要はないと考えている人も多いですが、インターネットに接続する方は今にでもVPNを入れることを強くお勧めします。

従来、VPNとは主に企業が使用し、重要なやりとりを含む情報を外部に漏洩させないためのものという認識がありました。しかし、近年は個人でも公衆無線LANなどを使用する際にプライバシー情報を抜き取られないように利用されるケースも増えてきています。私たちはiPhoneを使用して銀行取引、ショッピング、メッセージ送信、検索など多岐に渡ってさまざまなアクティビティを日々行っています。このように、何気なく日々使用しているiPhoneですが、果たして私たちが入力している情報は本当に他者から守られているのでしょうか?

その答えはズバリ「NO」です。自分が気付かないところで銀行情報やクレジットカード情報が悪用されているかもしれません。このような事態を防ぎ、安心してインターネットを使用するためにもVPNを入れ、情報を他者から守りましょう。

iPhoneやiPadにVPNを入れる1番の理由は先ほども述べたように安全なインターネット接続を確保するためです。

普段からカフェや公共施設で無料wi-fiに接続する方も多いのではないでしょうか?もちろん私もカフェでは必ずと言っていいほど公共wi-fiに接続します。しかし、この便利さの裏には大きな落とし穴があります。それは、悪質な情報の漏洩です。誰でもアクセスすることができる公共wi-fiだからこそハッカーなども簡単に利用者の情報を抜き取ることができてしまうのです。このような時にVPNを介したインターネット接続を行うことで、他人から情報を完全に他者の目から守ることができます。そして、意外と知られていないのですが、Apple storeでアプリをダウンロードするだけでihoneでも簡単にVPN を使用することができちゃうんです!

それでは、iPhoneにVPNを入れることで利用者にどのようなメリットがもたらされるのかをより具体的に見ていきましょう。

VPNを使用することでもたらされるメリットとは

iPhoneやiPad用のVPNは、単に情報を暗号化させるだけではありません。iOS用のVPNには、他にもさまざまなことが行うことができます。

1. サーチエンジンに情報を提供しない

YahooやGoogleなどのサーチエンジンを利用してさまざまな事柄を検索する際、サーチエンジン側はIPアドレスや検索内容を記録し、検索の性能を向上させてくれます。この機能のおかげで便利になっている一方、見方を変えると個人の情報や行動に関する全ての情報が自動的にサーチエンジンに記録されているということです。このように、情報が筒抜けな状態を防ぐためにもVPNを使用して、匿名性の高いインターネット接続を行いましょう。

VPNを利用してインターネットに接続することで、IPアドレスの匿名化が可能になり、サーチエンジン側に個人に関するさまざまな情報を渡すことなくインターネットが利用することができます。

2.海外のコンテンツへのアクセスが可能

二つ目は、海外などのアクセス制限のあるサイトの閲覧が可能になることです。

特に、中国に行く予定のある方はおそらくVPNが必須になります!その理由はもちろん中国ではネット規制が厳しく、アクセスできるサイトに制限があるからです。例えば、YouTube・Gmail・Twitter・Instagramにアクセスができないためこれらアプリを使用したい場合はVPN接続が必須になります。

同様に、VPNを使用することでNetflixなどのストリーミングサービスの海外版にへのアクセスも可能になります。これにより、海外のストリーミングライブラリ、他国のニュースサイト、使用地域でブロックされている可能性のあるコンテンツにアクセスできるようになります。

そのため、出張や海外旅行が多い方にはVPNが不可欠になってくるでしょう。iOSデバイスにVPNを搭載することで、どこでもインターネット接続への自由を簡単に手に入れることができます。

iPhoneに最適なVPNの特徴とは?

iPhoneやiPadは他社の端末よりもウイルスに強いと言われていますが、だからと言ってiOSならVPNに接続しなくても大丈夫というわけではありません。

ですが、iPhone用に展開されているVPNも種類が多く存在し、どれを選べばいいのか分からないですよね。そこで、次にiOS端末に最適なVPNの特徴をいくつか見ていきましょう。

1.接続できるサーバーの多さ

インターネットの利用速度は接続するサーバーによって速度が変わります。なるべく速い通信速度を維持するためにも接続できるサーバーの数が多いVPNを選びましょう。通信環境に合わせて接続できるサーバーの数が多いほどストレスなくインターネットを使用することができます。

また、海外に行くことが多い方はその国でVPNが使用できるかを確認しておく必要があります。

2.接続方式

VPNの接続方法にはPPTP ・L2TP・OpenVPN・IKEv2 などがあります。それぞれの違いを簡単に説明していきます。

・PPTP

PPTPはMicrosoft社によって発明された最も古い接続方式の一つです。特徴は、その使いやすさと通信速度の速さです。動画ストリーミングなども問題なく行える上に、互換性が高いため、古いデバイスから新しいデバイスまで幅広く使用することができます。

その一方、安全性が低いというデメリットがあります。Appleではこの脆弱性の弱さを理由にサポートを中止しています。

・L2TP

L2TPには暗号化の機能がないため、IPsecというセキュリティシステムと併用して使用します。特徴は、互換性が高く、幅広いデバイスで使用できることです。

その一方、毎度L2TPとIPsecを併用して使うため、処理に時間がかかり速度が遅くなる傾向にあります。

・OpenVPN

OpenVPNは総合的に最も評価が高いプロトコルです。このプルトコルはオープンソースなため、常に性能が更新されているため安全性が確保されています。また、検閲の回避も行えるため、中国などの検閲が厳しい国での利用に便利です。

一方、デメリットはネイティブサポートがないことが挙げられます。

・IKEv2

IKEv2はCiscoとマイクロソフトによって開発された安定性の高いVPNプロトコルです。IPsecと併用することでVPNプロトコルとしての役割を果たします。セキュリティレベルが高く、通信速度が速いことが特徴です。また、通信を自動追従するため、Wi-fi通信からセルラー通信への移行をスムーズに行うことができます。

一方、デメリットとしてはサポートされている端末の種類が少ないことが挙げられます。

3.ノーログポリシー

VPNの中にはログを記録しているタイプのものも有ります。ログというのは、ユーザーの検索履歴やサイトアクセスなどのインターネット上のアクセス情報のことを指します。このように、ログを記録しているVPNを使用すると、万が一の際に記録されていたログ情報が漏洩してしまう恐れもあります。

そのため、ノーログポリシーと言ってログを記録しないことを明言しているVPNサービスを使用する方がより安全だといえます。

4.同時接続可能台数

次に重視したいのが同時接続可能台数です。1つの契約で最大何台同時に使用できるのかを確認しておきましょう。特に安いプランの場合は、1台しか接続できないことが多いので要注意です。

5.料金

無料版と有料版では機能が大きく変わってきます。

インターネット接続をさほど頻繁に行わない人は無料版から初めてみるのもいいかもしれません。一方で、日々インターネットで調べ物をしたり個人情報を入力する方は有料版を使用することをおすすめします。多くの無料版ではデータ容量に制限があるため、データ容量を気にせずに使用したい方はデータ容量無制限プランが多い有料版を使用しましょう。

また、無料版と有料版では通信速度も違います。そのため、通信速度にこだわる場合は、有料版を使用することでストレスなくインターネット接続を行うことができます。

とは言っても有料版VPNも数えくれないくらいたくさんあります。その中でも特におすすめなVPNを4つ、それぞれのメリットやデメリットを含めてご紹介していきます。

おすすめのVPNを4つ紹介(メリット・デメリット)

数多くあるVPN の中でも特におすすめなものを4つご紹介していきます。自分の用途に合わせて最適なVPNを探してみましょう。

1. ExpressVPN

ExpressVPNは世界94カ国で、3,000以上のサーバーが設置されています。

ExpressVPNの最大の特徴は通信速度が速いことです。そのため、ゲームなどでリアルタイム通信が重視される場面でも通信の遅れを感じずに使用することができます。

そして、もう一つ特筆すべき点はその安全性です。アメリカの政府が使用している暗号規格と同じものを使用していることからもわかるように、セキュリティレベルは最高峰です。また、ノーログポリシーを掲げているため、ユーザーがどのIPアドレスを使用して、どのようなサイトを訪れたのか等の行動履歴は一切記録されません。

同時接続台数は5台で、料金プランとしては、長期間契約するほどお得になるように設定されています。

<メリット>

<デメリット>

2. IPVanish VPN

IPVanishは万全なサポート体制と無制限の通信が可能なVPNです。その特徴の一つ目は、最速のVPN速度を提供していることです。

そして、二つ目の特徴は最高位のネットワークがあることです。75カ国以上の国々で使用でき、そのサーバー数は1400以上にも及びます。加えて、共有IPアドレスの数は40,000以上あるため、場所を問わずVPN接続を行うことができます。

また、IPVanishは同時接続に制限がないため、家族全員で同時にVPN接続を行い、違うコンテンツを楽しむことができます。また、互換性も高く、macOS ・Windows・ Linux iOS ・Android ・Chrome ・Amazon Fire TV等に幅広く対応しています。加えて、年中無休のカスタマーサポートセンターへ連絡ができるため、サポート体制は万全です。

IPVanishのプロトコルはL2TP・OpenVPN・IKEv2の3つから選択することができます。自分の用途や使用頻度に合わせて最適なプランを選択することができるのは嬉しいポイントですね!

IPVanishには30日間の返金保証があるため、この無料期間を使ってぜひ、使い心地を試してみてください!

<メリット>

<デメリット>

3. CyberGhost VPN

CyberGhostの1番の特徴は、IPアドレスが特定されないことです。そのため、匿名性を守りながらインターネットを使用することができます。また、CyberGhostは安全性が高いだけでなく、ユーザーのアクテビティも記録しないため高い透明性があることも特徴の一つです。

対応言語は、英語、ドイツ語、フランス語、ルーマニア語のみの対応となります。ですが、チャットでのサポートは自動返信ではなく、実際にスタッフが対応してくれます。

同時接続可能台数は7台で、Windows ・macOS iOS ・Android ・Linux ・ChromeOS・ Raspberry Pi・ルーターなどといった幅広いデバイスに対応しています。

CyberGhostは3年プランを契約すると45日間の返金保証がついてきます。

<メリット>

<デメリット>

4. NordVPN

NordVPNはパナマに所在地を置くプロバイダで、世界でも利用者数が多いVPNサービスです。VPN サーバーは世界で5500台以上設置されているため、あらゆるところからVPNに接続することができます。

そして、最大の特徴はセキュリティレベルが高いことです。NordVPNを経由した情報のやりとりは全て暗号化されるため個人情報や企業情報の漏洩を防ぐことができます。そして、特筆すべきはノーログポリシーを掲げているということです。VPN側がユーザーのアクティビティログを一切残さない上に、NordVPN側では第三者からの情報提供に一切応じることはないため、セキュリティ面でも信頼できます。

また、同時接続台数は6台で、Windows・ MacOS ・Linux ・Android ・iOSなどのデバイスで使用することができます。

<メリット>

<デメリット>

まとめ

今回はVPNサーバーを利用する必要性と、iPhoneに最適なVPNサーバーをいくつかご紹介しました。一見、VPNは私たちには必要のない機能だと思いがちですが、iPhoneが使用する誰もが日々ウイルスの危険性に晒されています。

大切な個人情報を他者から守るためにも、VPNを介したインターネット接続を行うようにしましょう。

著者 筆者について

こんにちは、アイタ タナコです。大学ではテクノロジー・マネジメントを学び、現在はインターネット・セキュリティについての記事を執筆しています。家族とペットの猫と一緒に東京に住んでいます。
著者に関してもっと読む

PrivacyRiders » 最適なVPN » iPhoneに最適なVPN
最終更新: 10月 4, 2021