最適なVPN

ほとんどの人は、コンピュータや携帯電話をウイルスから守るために、アンチウイルス・ソフトウェアを持っています。

そして、その多くの人はこれだけでインターネット接続の安全性は確保されていると思われるかもしれません。しかし、オンライン上のプライバシーを守るためには、ウイルス対策ソフトだけでなく、VPNサービスの利用が有効的です。しかしながら、個人のプライバシーを守るためにVPNサービスを利用している人はあまり多くありません。

さて、ここで改めてVPNとは何なのか分かりやすく解説します。VPNを使用することで、プライベートネットワークを通じた暗号化されたサービスを利用することができるため、オンライン上での完全な匿名性を実現し、オンライン上のユーザーの行動を保護してくれます。VPNサーバーが提供する1つの共有IPアドレスでインターネットを利用するため、インターネット上のトラフィックや身元を隠すことができます。これは、インターネット・サービス・プロバイダーがユーザーのブラウジング・アクティビティを見ることができなくなるため、ユーザーは実質的にオンライン・ビジビリティを持つことができます。

VPNは、より安全な接続を提供するだけでなく、検閲されたWebサイトやジオブロックされたWebサイトへのアクセスを可能にします。海外旅行では、IPアドレスが原因で重要なWebサイトにアクセスできないことがあります。このIPアドレスは、機器を識別するためのユニークな数字の集合体です。そこで、VPNはユーザーを別のサーバーに接続し、IPアドレスを変更させることで、ユーザーが望むサイトにアクセスできるようにします。

また、1つのVPNサービスでは、複数のデバイスを同時に接続することができます。つまり、複数のデバイスをVPNに接続して、ウェブ上のすべての活動を安全に行うことが可能になります。

目次

VPNはどのように機能するの?

VPNは複雑に見えますが、使い方は驚くほど簡単です。VPNサービスをダウンロードすると、以下のような仕組みで、ユーザーのオンライン活動やデータを保護してくれます。

– 新しいサーバーとIPアドレス

VPNサーバーのスイッチを入れれば、安全にインターネットに接続することができます。VPNサーバーに接続すると、そのサーバーのIPアドレスを使用することになるため、自分のIPアドレスではなく、他のユーザーと同じIPアドレスを使って、共有された安全なサーバーを利用することになります。これにより、匿名性とオンラインプライバシーが確保されます。

– データの暗号化

VPNに接続すると、ユーザーのインターネット接続も暗号化されます。ユーザーのインターネット活動はすべて、ISPやハッカーが見ることのできない暗号化されたトンネルに入ります。このトンネルの中では、ユーザーのオンライン活動はプライベートなものとなるため、地元のコーヒーショップで公衆無線LANに接続していても、職場でLinkedInを利用していても、VPNがオンになっていれば、インターネット上で何をしているかを誰にも知られることはありません。

– 安全性とアクセス

VPNを利用すれば、オンラインバンキングや機密の仕事など、秘密にしておきたいことをより安全に行うことができます。さらに、ユーザーのデバイスはサーバーを利用しているため、異なるIPアドレスを持つことになり、ユーザーの国ではブロックされている可能性のあるコンテンツにもアクセスできるようになります。

まとめると、VPNはオンライン上のプライバシーやデータを保護し、ウェブ上での活動を快適にしてくれるため、近年はVPNサービスを利用する人が増えています。つまり、VPNサービスは他にはないインターネット保護を提供してくれます!

VPNを使用する利点は?

VPNのメリットは無限にあります。VPNはもともと、企業が重要な文書に遠隔地からアクセスするために使用されていましたが、現在は誰でも使用することができます。

それぞれのVPN会社には異なる利点があり、ユーザーに提供される機能も若干異なります。しかし、どの会社のサービスを利用しても共通している点があります。それは、ISPからデータを保護すること、より高いセキュリティを提供すること、検閲されたWebサイトへのアクセスを可能にすることなどです。ここでは、VPNの主なメリットをご紹介します。

-複数のデバイスでVpnを利用する

技術好きな方や仕事で複数のデバイスをお持ちの方は、これらすべてのデバイスに保護機能を持たせる必要があります。インターネットのトラフィックを保護するためにVPNサービスを利用する大きな利点は、より多くのVPNプロバイダーが、複数の同時接続でVPNを利用できるようにしていることです。

ノートパソコンやiPadのセキュリティとプライバシーを確保したい場合も、家族のネットサーフィンを保護したい場合も、全て1つのVPNで実現できます。多くの企業では、従業員のデータを保護し、世界のどこからでもローカルネットワークにアクセスできるようにするために、VPNを利用しています。

VPNを利用すると便利なのは、デスクトップPCやノートPCだけではありません。携帯電話も同様で、複数のOSに対応しているVPNプロバイダーも多数あります。ほとんどのVPNは、iOSとAndroidの両方のシステムで使用することができるので、携帯電話でFacebookをスクロールしているときでも、常に保護されていることになります。

VPNは何を隠すの?

前述のように、仮想プライベートネットワークはインターネットトラフィックを隠し、ISPがユーザーの動きを記録したり、このデータを販売したりできないようにします。同様に、ハッカーはユーザーのウェブ活動を見ることができず、簡単にユーザーのアイデンティティを盗むことができません。では、VPNでは他にどのようなことができるのでしょうか。

– 閲覧履歴

常にVPNをオンにしてインターネットにアクセスしている限り、Webブラウザはユーザーのインターネット履歴にアクセスすることができます。これにより、最近のウェブ検索とユーザーのIPアドレスの両方にリンクしたターゲット広告が表示される可能性があります。ブラウザに特定の広告が表示され、近くのサービスや場所の広告が表示されることを不思議に思ったことはありませんか?VPNを使用すれば、ブラウザがこのようなことをするのを防ぐことができます。

– ユーザーの所在地とIPアドレス

VPNを有効にしてインターネットに接続すると、異なるサーバーの場所に切り替わります。これにより、ユーザーのIPアドレスと位置情報が変わります。街で見知らぬ人に自分の住まいを知られたくないように、ISPに自分の正確な位置を知られたくないものです。IPアドレスを隠して別のものを使用することで、他の国でしか利用できないストリーミングサービスへのアクセスという点で、さらなるメリットが得られます。

– ユーザーのビジネス活動

狙われるのは個人のデバイスだけではありません。お客様がインターネット上で行うあらゆる行動が追跡され、記録されます。もしあなたの仕事が大金を扱ったり、機密文書を扱ったりするものであれば、VPNサービスを利用して、その状態を維持しているかどうかを確認する必要があります。ハッカーが個人情報を盗むことを目的としているのと同様に、彼らは企業に関連する個人情報を探しています。だからこそ、世界の政府や大企業は強力なVPNシステムを採用しているのです。

VPNを利用することは違法?

ブロックされたウェブサイトへのアクセス。IPアドレスの変更。データを暗号化して、あなたがオンラインで何をしているか誰にもわからないようにする。

以上のように、VPNの役割を説明してきましたが、少し怪しいと思われても仕方がありません。ネット上では、「VPNは違法だからダウンロードしない」という噂も流れています。しかし、これは全くの事実無根です。VPNは、プライバシー保護のために使用するのであれば、完全に合法です。

大企業や政府は、自分たちのビジネスや国の情報を守るために、最高のオンラインセキュリティを確保する必要があるため、VPNを利用しています。もちろん、いかがわしい違法行為に参加するためにVPNを利用しているのであれば、それはよくありません。データが隠されているかどうかとは関係なく、犯罪は違法であり、VPNを違法行為に使用してはいけません。VPNを使用しているときに違法行為を行った場合、トラブルになる可能性があります。

国によって、VPNに関連する特定の法律があります。例えば、中国では、ライセンスを持っている限り、VPNは違法ではありません。つまり、中国では、FacebookやGoogleなどの禁止されたサイトにアクセスするために、いくつかのVPNを使用することができます。ただし、渡航先の国の法律を事前に確認し、危険を冒さないようにすることが大切です。あなたがどこに旅行するか、あるいはどこに住んでいるかによって、その特定の地域の法律に違反しないVPNを使用しているかどうかを確認する必要があります。

VPNは安全?

VPNを利用すると、ユーザーのデータやオンライン活動は、VPNトンネル内で暗号化されます。つまり、データは読まれることなく、この保護された空間に完全に隠されます。したがって、VPNを使用すると、ユーザーのデバイスは非常に安全で、どのネットワークを使用していても、インターネット上のプライバシーが完全に守られることになります。言い換えれば、ユーザーがオンラインで何をしているかは誰にもわからないということです。

しかし、どんなものでもそうですが、VPNサービスはすべて同じではなく、プロバイダーによってセキュリティのレベルが異なります。無料のVPNは、あなたのプライバシーと安全を守るという点では成功率が低いかもしれません。これは、無料のVPNプロバイダーが、高価なVPNサービスよりも効果の低いVPNプロトコルを使用している可能性があるためです。そのため、ハッカーが暗号化を攻撃して、あなたのデータを閲覧することが容易になります。

そのため、VPNを選ぶ際には、その機能をすべてチェックし、最適なプロトコルを使用しているかどうかを確認する必要があります。無料のVPNをダウンロードするのではなく、少しお金をかけたほうが、より優れたセキュリティ機能を利用できることが多いです。

また、ダウンロードする前に、選択したVPN会社のプライバシーポリシーを必ず読むべきです。VPNはユーザーの情報がISPによって記録されないように保護しますが、中には自分で記録して、それを第三者に販売するといったものもあります。

VPNプロトコルってなに?

VPNの安全性に関しては、プロトコルが不可欠な要素となります。プロトコルとは、ユーザーのデバイスがVPNサーバーに接続する方法のことで、接続の安全性を決定します。VPNプロトコルにはいくつかの種類があり、それぞれに異なる利点があります。すべてのデータを暗号化する、より強力なセキュリティを提供するものもあれば、ウェブトラフィックを隠すだけのものもあります。また、より高速な接続を実現する、スピードに優れたプロトコルもあります。

VPNには、単一のプロトコルを提供するものと、複数のプロトコルを提供するものがあります。ユーザーのVPNがどのプロトコルを使用するかによって、1つのプロトコルが効果的です。しかし、マルチプロトコルのVPNは、ユーザーに幅広いサービスを提供しているため、マルチプロトコルのVPNを好む人もいます。

ここで、最も人気のあるVPNプロトコルの一部を紹介します。

– OpenVPN

「オープン」という言葉から、安全性とは正反対のプロトコルのように思われがちですが、実はこのプロトコルは現在使用されている中で最も優れたプロトコルの一つです。オープンソースなので、もしコードにセキュリティ上の問題があったとしても、オープンソースコミュニティの開発者がそれを取り上げ、迅速に対処してくれます。OpenVPNは、安全性の面で最も優れたプロトコルであると考えられているため、OpenVPNを採用しているVPNの多くは、他のプロトコルを採用していません。

– L2TPとIPsec

L2TPはLayer 2 Tunneling Protocolの略。L2TPだけでは強力な暗号化ができないため、IPsec(Internet Protocol Security)と一緒に使用されることが多いです。この2つのプロトコルを併用することで、データやインターネット上の活動を確実に隠すことができます。

– PPTP

Point-to-Point Tunneling Protocol(PPTP)は、速度に優れているため、torrentingやゲームなどで高速な接続が必要な場合に適しています。PPTPは最も古いプロトコルの一つであり、同時に最も安全性の低いプロトコルの一つでもあります。ほとんどの無料VPNサービスはPPTPを使用しており、その基礎となるプロトコルは侵入が容易であることがわかっています。純粋にセキュリティ上の理由でVPNを利用する場合は、このプロトコルを採用しているVPNプロバイダーには手を出さない方が良いでしょう。

– IKEv2

最新のプロトコルの1つであるIKEv2(Internet Key Exchange Version 2)は、ユーザーにスピードを提供するため、あらゆるデバイスに適しています。また、L2TPやPPTPなどの旧来のプロトコルよりも安全性が高く、暗号化の強度が高いことが特徴です。

プロトコルは、VPNを選択する際の重要な要素ではないように思われるかもしれませんが、VPNを選択する際には、必ず調べるべき項目です。可能な限り安全な暗号化を望むのであれば、VPNが復号化を許さない1つまたは複数のプロトコルを使用していることを確認する必要があります。

どうやってVPNを選べばいいの?

他の製品と同様、世の中には最高のVPNサービスを提供すると主張する複数のVPNプロバイダーが存在する。すべての仮想プライベートネットワークは、セキュリティの強化やジオブロックのあるサイトへのアクセスなどの基本的なサービスを提供していますが、中には他よりも優れたサービスがあることは間違いありません。

VPNを選ぶ際には、チェックリストを用意しておくと良いでしょう。PrivacyRidersでは、優れたVPNプロバイダーが何を提供すべきか、最適なVPNを探しているときに何を考慮する必要があるかを熟知しています。

プロトコル

すでに述べたように、プロトコルはVPNの重要な部分です。VPNプロバイダーがどのようなプロトコルを採用しているかを簡単にチェックすれば、あなたが必要とするものを提供しているかどうかがわかります。もしユーザーがゲーマーなら、通常では利用できない速度や追加機能を提供してくれるVPNを利用することが重要です。

ビデオ、ゲーム、その他のファイルをダウンロードするのが好きな人は、トレントの際に自分の情報が追跡されないように保護してくれるVPNが必要です。また、OpenVPNのようなプロトコルは、ハッカーがあなたのインターネット活動を監視するのを防ぐことができるので、公共のWi-Fiネットワークをよく利用する人には不可欠です。最新のプロトコルを採用したVPNを利用するのが最も効果的です。

サーバーの数

昔から言われていることですが、「量よりも質が大切」です。しかし、VPNプロバイダーとサーバーの数に関しては、量が非常に重要です。

サーバーの数や設置場所によって、インターネットアクセスの速さが変わります。あなたがVPNを利用するとき、あなたは他の多くのユーザーと一緒に、その共有サーバーの1つを使用します。VPNプロバイダーが提供するサーバーの数が多ければ多いほど良いです。

多くのユーザーが同時に1つのサーバーに接続するため、サーバーの数が少なければ、インターネットの速度が低下する可能性があるため、サーバーの数が多いVPNを探すのがよいでしょう。「Hotspot Shield」や「Private Internet Access」などの人気VPNプロバイダーは、それぞれ1800台、3000台のサーバーを提供していますが、「NordVPN」は、複数のサーバー拠点に5000台以上のサーバーをネットワークしています

VPNサーバーの場所

サーバーの数だけでなく、サーバーの場所も考慮する必要があります。特定のサイトにアクセスするためには、さまざまなIPアドレスが必要になることを覚えておきましょう。仕事で出張の多いビジネスマンであれば、よく行く国にサーバーがあるVPNを選ぶ必要があります。

サーバーの数が多ければ多いほど、出張中にブロックされる可能性のあるサイトにアクセスできる保証が高くなります。例えば、ドイツにサーバーがないVPNでも、会社のネットワークがドイツにある場合は、その国のIPアドレスを提供しているVPNを探す必要があります。

データ制限

VPNにはそれぞれ異なるデータ制限があり、その帯域幅はユーザーエクスペリエンスに影響を与えます。ゲームやtorrentingのためにVPNが必要な場合、データ制限の低いVPNでは十分ではありません。購入する前に、VPNプロバイダーのデータ制限を確認することが重要です。インターネットをたくさん使うのであれば、それを十分にカバーできるVPNを購入しましょう。

オペレーティングシステム

ほとんどのVPNは主要なOSに対応しており、iOSとAndroidの両方をお持ちの方には最適です。ただし、VPNをダウンロードする前に、お使いのデバイスが選択したVPNをサポートしているかどうかを再確認することをお勧めします。

VPNの中には、Android端末に対応していないものや、iOS端末に対応していないものがあります。WindowsやChrome OSなど、どのようなシステムであっても、選択したVPNがスピードと使いやすさの両方を兼ね備えていることを確認する必要があります。

VPNに接続できるデバイスの数

お使いのデバイスに対応した安全なVPNを見つけることが重要であるのと同様に、そのVPNで何台の同時接続が可能かを確認することも価値があります。大半のVPNは、多くのデバイスで使用することができます。

仕事用の携帯電話と個人用の携帯電話、そしてノートパソコンとデスクトップパソコンをお持ちの方は、すべてのデバイスでプライバシーと柔軟性を提供する優れたVPNを手に入れることが可能です。同様に、家族全員を保護したい場合は、複数の携帯電話を1つのVPNに接続することができます。

また、多くの企業がVPNを採用しており、企業の機密情報を複数のシステムで保護しています。このように、保護したいデバイスの数に応じて、VPNプロバイダーを選ぶ際には、この機能を確認することをお勧めします。

Vpnのコスト

どんなソフトウェアや一般製品でも、人々は常に最良の取引をしたいと思っています。つまり、最安値を探すことが多いのです。しかし、セール品を購入して、その品質に満足することができなかったという経験をしたことがあるのではないでしょうか?価格が低ければ低いほど、効果がないことが多く、これは、VPNプロバイダーにも言えることです。

無料のVPNサービスは、一見素晴らしいアイデアのように聞こえますが、多くの場合そうではありません。これらのVPNは、PPTPなどの古いプロトコルを使用しているため、セキュリティが低く、ハッカーからの攻撃を受けやすくなっています。また、格安・無料のVPNは、通信速度が遅かったり、データ量の上限が低かったりして、オンラインでできることが制限されてしまうこともあります。低価格のVPNは、サーバーの数や設置場所の数が少ないため、その分だけ料金が高くなってしまいます。

幸いなことに、世の中には効果的で信頼できるVPNがたくさんあります。最高のVPNプロバイダーの中には、30日間の無料トライアルを提供しているところもあるので、そのVPNが自分のニーズに合っているかどうかを確認することができます。VPNの価格は会社によって異なりますが、月々3ドル程度で良質なVPNを利用することが可能です。

VPNを探す際には、無料トライアルがあるものや、30日間の返金保証があるものを探すようにしましょう。30日間の返金保証を提供しているプロバイダーは、通常、そのVPNの効果を確信しており、その品質を証明しています。また、無料トライアルは、もし気に入らなくても、お金を失うことはありません。

VPNは、ユーザーのプライバシーを尊重する?

VPNは、インターネットユーザーにプライバシーとセキュリティを提供するために開発されました。VPNは、データを暗号化して、インターネットサービスプロバイダに何をしているかわからないようにするとともに、インターネット上の動きをハッカーから保護します。もし、この2つの理由のいずれかがVPNを利用する主な動機であるならば、VPNをダウンロードしてそのサーバーに接続する前に、VPN会社のプライバシーポリシーを確認する必要があります。

すべてのVPNサービスは、あなたのIPアドレスと基本情報にアクセスすることができます。なぜなら、あなたがサインアップするときに、これらの基本情報をデータベースに入力するからです。しかし、ほとんどのVPNサービスは、これらの情報を使用せず、お客様のプライバシーを尊重します。

しかし、残念ながら、一部のVPNサービス、特に無料のVPNサービスは、あなたのデータを追跡し、記録することで、実質的にISPの役割を果たしている場合があります。このようなVPN会社は、お客様の情報を大企業に販売します。通常、ISPがあなたのデータを記録して利益を得るのを避けるためにユーザーはVPNをダウンロードします。もし、VPNプロバイダーが同じことをしているのであれば、VPNを導入する意味はないでしょう。

VPNを選択する前に、プライバシーポリシーと利用規約を確認することは極めて重要です。これは、多くのユーザーが見落としている不可欠な要素です。VPNプロバイダーを選ぶ際には、ログを記録しないポリシーを持ち、ユーザーのデータを自分自身のために使用したり、利益を得たりしないプロバイダーを選ぶようにしましょう。そうすることで、あなたが利用しているVPNが、個人データやオンライン活動を閲覧、保存、利用することのない安全なVPNであることを確認することができます。

著者 筆者について

こんにちは、アイタ タナコです。大学ではテクノロジー・マネジメントを学び、現在はインターネット・セキュリティについての記事を執筆しています。家族とペットの猫と一緒に東京に住んでいます。
著者に関してもっと読む

PrivacyRiders » 最適なVPN
最終更新: 9月 24, 2021